FC2ブログ
交換後

2013.09.18(Wed)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(2)Trackback(0)


タランドゥスの幼虫が割り出して1本目に入れてから2ヶ月を過ぎ、
順に交換しています。


20130917_220130.jpg
左の幼虫は交換時28g、右は36gでした。


もう少し成長してほしいのですが、
今回はちょっと難しいような気がしています。


せめて暴れて縮まないようにしてくれれば良いのですが。
今回もまたまたまた・・・♂が多そうです。

pagetop ↑

よく食べる

2013.08.22(Thu)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(8)Trackback(0)


タランドゥスの幼虫をチェックしました。


DSC_1275.jpg
6月末に割り出した9頭全て順調でした。
相変わらず成長が早くておもしろいです。


菌糸の食べ方も“ごっそり”という感じで
見ていて気持ち良いです。


♂はそろそろボトル交換しようと思います。

pagetop ↑

いつの間に

2013.07.29(Mon)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(4)Trackback(0)

今期最初のタランドゥスの幼虫が順調に育っているようです。


20130728_204113.jpg
初令で割り出してから1ヶ月が過ぎ、思いのほか成長していました。


タランドゥスの幼虫は成長も早く、大きくもなるので
見ていて楽しいです。

pagetop ↑

早い動き出し

2013.07.10(Wed)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(4)Trackback(0)


先日羽化したタランドゥスが
蛹室を壊して早々に飛び出していました。
(蛹見たさにほとんど壊していましたが…)


DSC_0428.jpg
きっちりの計測ではないですが、
今のところ85ミリはあります。


羽化して間もないので、
固まったら85ミリ切りそうです。


ツヤツヤ感がたまりません。

pagetop ↑

週末の羽化

2013.07.07(Sun)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(2)Trackback(0)


タランドゥスの♂が羽化しました。


DSC_0382.jpg
羽化してまだ1日も経っていない状態です。


サイズはボトルの外からノギスをあてて、
80ミリは超えていました。


あとは体が固まってから測ってみようと思います。


今日はKUWATA横浜ですね。
日中暑くなりそうです。

pagetop ↑

久しぶりのタランドゥス

2013.06.29(Sat)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(0)Trackback(0)


タランドゥスの割り出しをしました。


DSC_0098_20130625032655.jpg
いつものカワラ菌糸ボトルセットで結果は9頭でした。


♀は1週間ほど休んでもらってから再セットします。


親世代の最後の♂はまだ蛹のままです。


DSC_0207.jpg
最後は80ミリUPで締めくくりたいのですが、どうなるでしょう…

pagetop ↑

末っ子。

2013.06.12(Wed)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(0)Trackback(0)


この世代の末っ子になるタランドゥスの♂の蛹をのぞいてみました。


DSC_1158.jpg
幼虫の時に何度か登場していた♂です。


ボトルの側面にできた蛹室の窓を見て感じていましたが、
蛹室が小さいです・・・


自分なりに調整してそうしたのだろうから
あえて何もしようとは思いません。


頭を起こす時につっかえでもしたら救助しようと思います。


昨日羽化途中だったマンディブラリスは無事羽化しました。
安心しました。
しばらくはぞのままそっとしておきます。

pagetop ↑

あと少し。

2013.06.09(Sun)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(2)Trackback(0)
タランドゥスの♂が1頭羽化しました。


DSC_1119.jpg
羽化途中の様子です。


この後きれいに羽化しました。
この世代はあとは♂の蛹が2頭となりました。


早いのは昨年羽化していたので、
5月20日から産卵に入っています。


で、


DSC_1134_20130609193041.jpg
早速、卵・幼虫の確認ができました。


左上の黒い部分は写りませんでしたが、
すでに孵化して小さい幼虫がいました。
その他見えにくいですが緑の卵が3つ見えています。


次世代は♂のサイズをアベレージ80ミリに乗せたいのですが、
そのためには顎の発達が重要な要素のひとつだと考えています。


体が同じくらいの大きさでも顎の大きさ(長さ)で差が出てしまいます。
温度変化のタイミングが悪いのか、他の理由なのか、
今イチわかりません。


本当に良い顎をした♂は全体の2割くらいで、
そういう顎になる♂が出てくるタイミングもまちまちでした…


良い顎になる率をもっと高めていきたいです。

pagetop ↑

着実に。

2013.05.23(Thu)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(4)Trackback(0)


以前に登場している“こちらのタランドゥス”が前蛹になりました。


DSC_0841_20130523010706.jpg


思ったより暴れなかったようで安心しました。


とにもかくにも、まずは無事に羽化してくれればと思います。

pagetop ↑

“ぶるぶる”開始

2013.05.06(Mon)

『タランドゥス(コンゴ産)』 Comment(0)Trackback(0)


12月に羽化したタランドゥスの♂がバイブし始めていました。
兄弟で一番最初に羽化した76ミリの♂です。
(タランドゥスやレギウスは成熟すると携帯電話のバイブみたいに振動します。
 ケースに体をくっつけてされるとカタカタカタッと音がします。)


もう1頭、最大体重から大暴れしてぶっちぎりの最小で羽化した♂がいます。
この兄弟は70ミリ前半の羽化もあまりいなく、60ミリ台は1頭もいないのですが、
1頭だけ60ミリを切っています。
(58ミリくらいかと思っていましたが、59ミリありました)


早く成熟した方を最初の親にするつもりでしたので、
まずは76ミリの♂の出番です。


同じく12月に羽化した♀もしっかりと後食しているので、
来週くらいには同居させようかと思います。
♀は2頭をブリード用で確保しています。


DSC_1802.jpg
こちらは先日のイベントで連れて行っていた78ミリの♂です。
あと4ペアと♂単が数頭います。


それと羽化して間もない♂や幼虫もまだいるので、
様子を見ながら残す数を調整していこうと思います。

pagetop ↑

▼ プロフィール

you

Author:you

▼ 検索フォーム
▼ カテゴリ
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ FC2ブログランキング
▼ FC2カウンター
▼ メールフォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2019 you all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.