スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

今年はポツポツ羽化

2015.01.24(Sat)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(0)Trackback(0)


先日羽化したルニフェルの♂ですが、
残念ながらその後すぐに☆に・・・


今回はその後に羽化した♂です。


20150124221233495.jpg
1年1化ですが、70ミリを超えてくれてうれしいです。


ほとんどが2年目に突入してるので、
来年も楽しめます。

スポンサーサイト

pagetop ↑

結局羽化したルニフェルミヤマ

2015.01.04(Sun)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(0)Trackback(0)


途中、半年ほどマットの上に出てしまっていたルニフェルミヤマの♂がいました。
そのため、大きくならないどころか、
そのうちダメになるだろうと放っておきました。


ところが、ある日急に潜り、
わずかにお尻が見える蛹室作り。


しばらく時間が経ったので、
期待もせず掘り出したところ、


20150104_230321.jpg
羽化していました。


小さいですが、羽化してくれて何よりでした。

pagetop ↑

広々

2013.10.22(Tue)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(0)Trackback(0)


ルニフェルミヤマの卵が次々に孵化しています。


20131022_004951_201310220053181e3.jpg
孵化したての幼虫が見えます。


割り出し時に幼虫も十分な数が取れているので、
そのうちの一部をヤフオクに出しています。


これで夏前から続いていたミヤマの産卵セットもひと段落です。
ミヤマは基本的に大ケースでセットしているので、
片付いて随分広くなりました。


後はいまだにがんばっているフォルモサスのみです。
これは小ケースなので場所を取らないですし、
幼虫の成長スピードもすごく遅いので、
割り出しは来年になってからでも良いかなと思っています。

pagetop ↑

楽しみは多いです。

2013.10.08(Tue)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(2)Trackback(0)


ルニフェルミヤマの産卵セットで幼虫が確認できています。


20131007_234319.jpg


卵出しして孵化した分だけで累代可能な数になっていましたが、
産卵セットでも幼虫の確認ができ安心しました。


このセットは少し先延ばしにして月末くらいに割り出そうかなと思います。


夏のピークが過ぎ徐々に産卵セットは減っているはずだから、
少しでも長く楽しもうと思っていました。


でも、よく考えたら次から次に入れ替わっているだけです。
まだまだセットする予定はあるので楽しみます。


pagetop ↑

そうなりませんか?

2013.09.29(Sun)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(4)Trackback(0)


8月3日に割り出して保管していたルニフェルミヤマの卵がようやく1つ孵化しました。


20130929_000511.jpg
気付けばもうすぐで2ヶ月。


ここ数日、卵が膨らんできていたので帰宅後毎日のぞいていました。


そして今日、孵化を確認して思わずニヤリと。
完全に怪しい人です・・・

pagetop ↑

秋の楽しみ

2013.09.13(Fri)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(0)Trackback(0)


今日は暑いですが、それでもすっかり秋の気配を感じるようになりました。


あれだけ待っていた夏も終わってみるとあっという間でした。
(毎年同じこと思っていますが・・・)


20130908_025055.jpg
今年入荷のアルナーチャル産のルニフェルミヤマです。


ウエストウッディと同じ1便で、1♀のみの入荷でした。
現在セットしていますがどうなるでしょう…


ウッディ同様に少しでも多くの幼虫が採れるとうれしいのですが・・・


この時期は夏に組んだ産卵セットの割り出しがとても楽しみです。
(伊豆ノコとニジイロは卵が見えています)

pagetop ↑

振り回される

2013.08.03(Sat)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(0)Trackback(0)


先月24日にアルナーチャル産ルニフェルミヤマのF1ペアを1日同居させた後、
♀を産卵セットに入れていました。


20130803_160639.jpg
それまでにも何度か同居を試みていたのですが、
なかなかうまくいかずこれが3回目でした。
この時は前の2回とは異なり、♂がいきなり♀を攻撃することがなく、
というよりお互いに無関心。
そして翌朝、メイトガードではないですが、
すごく近い距離に落ち着いて並んでいる姿が見えました。
でもその晩、ちょうど同居して24時間後くらいに見ると、
お互い全く離れている・・・


何とも言えない感じでしたが、
朝の様子から大丈夫だろうとイチかバチかでセットしてみました。


ところが、セット直後はすぐに潜っていましたが、
今週に入ってからはずっとマットの上。
挙句の果て、ここ数日は同じ場所でひっくり返って動かない…
あらら・・・という感じでした。


そして今日、どうせダメだろうとセットをばらそうとしたところ、
脚がピクピク。
まだ☆にはなっていなかったんだと思い、成虫管理ケースに移しました。


その後、産卵セットをひっくり返して固まったマットをほぐしていると、
まさかとは思いましたが卵がポロポロ。
結局計10個以上。


短い期間だけど産んでくれてよかったな~なんてふと♀を見てみると、
ついに☆に…


ではなく、さっきまでピクピクしていたはずなのにスタスタ歩いている!?
意味がわかりません。


すかさずまたセットしちゃいました。


何だったのでしょう?

pagetop ↑

次はこれです。

2013.07.06(Sat)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(2)Trackback(0)


たまに増種・増員をしています。
少し前ですが5月はこちらでした。


DSC_0933.jpg
アルナーチャル産のルニフェルミヤマ。
2011年に入荷したWILDからのF1です。


幼虫が少しいますが羽化ズレや♂♀ペアになるかなどリスクがあり、、
あまり自信がなかったのでちょうど良かったです。


♂♀ともに後食をしているのでそろそろペアリング、産卵セットです。

pagetop ↑

new face

2013.02.20(Wed)

『ルニフェルミヤマ(インド・アルナーチャル産)』 Comment(0)Trackback(0)
先日のKUWATAフェスティバル大宮で手に入れたクワガタです。


DSC_0626_20130219011528.jpg
インド・アルナーチャル産のルニフェルミヤマの幼虫です。


初二齢4頭なので、♂♀の偏りと羽化ズレも十分考えられますが、
そうなったらその時また考えます。


なんとなくですが、アルナーチャル産のルニフェル(幼虫ですが)が
KUWATAで見れるとは思っていなかったです。
KUWATAって意外な出会いがあって楽しいです。

pagetop ↑

▼ プロフィール

you

Author:you

▼ 検索フォーム
▼ カテゴリ
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ FC2ブログランキング
▼ FC2カウンター
▼ メールフォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 you all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。