レギウス卵

2015.05.17(Sun)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(2)Trackback(0)


先日セットしたレギウス。
早速、独特な緑色の卵が確認できました。


DSC_0864.jpg
画像では茶色くなっている右の齧りカス部分の1つしか見えないですが、
その他、左の下の方、右の卵の見えるさらに右にも見えます。


見えている卵が孵化して幼虫が動き始めたら割り出そうと思います。

スポンサーサイト

pagetop ↑

血をつなぐ

2015.01.11(Sun)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(2)Trackback(0)


細々と続けていたレギウス。


20150111_210828.jpg
昨秋に羽化した♀が徐々に活動を始めました。


今は♂も♀もほとんど500㏄で羽化させています。
次世代も♂♀偏らない程度の数を確保して省エネ飼育しようと思います。

pagetop ↑

感覚喪失

2014.08.23(Sat)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(0)Trackback(0)


今年は少しだけ飼育しているレギウス。


20140820_000854.jpg
♀が蛹になりました。


20140820_000909.jpg
コロコロ転がっています。


久しぶりにレギウスの♀の幼虫を見た気がします。
感覚的には50ミリくらいで羽化しそうな感じですが、
その感覚でいいのかどうかの記憶が飛んでいます…

pagetop ↑

久しぶりのメソトプス幼虫

2014.06.07(Sat)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(0)Trackback(0)


セット中のレギウスの卵が孵化しはじめました。


20140607_172104.jpg
最近小さい幼虫ばかり見ていたので、
孵化したてにも関わらず、頭が大きく感じます。


割り出し後のために用意している菌糸も
良い状態になってきています。


次は今回の♀と、1回目のセット以降しばらく休ませていた♀、
さらにタランドゥスとカワラの産卵セットを組もうと思います。


pagetop ↑

狙い通り

2014.05.23(Fri)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(4)Trackback(0)


先日セットしたレギウスの800㏄カワラの産卵セット


20140522_235325.jpg
さっそく卵が5~6個確認できました。


1400㏄や2000㏄でのセットを割り出すときに手つかずの部分も多かったので、
800㏄で十分では?と思っていましたが予想通りでした。
湿度も問題なかったようです。


何頭産んでくれるのか楽しみです。

pagetop ↑

たまたま見つけたので

2014.05.17(Sat)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(0)Trackback(0)


♂との同居後待機中だったレギウス♀。


産卵用のカワラがまだ寝かしている期間が短く、
しばらく先になりそうでした。


その中、たまたま良い感じのものを見つけたので、
早速セット。


20140517_005009.jpg
今までは1400㏄以上を使っていたので、
初めての800ccでのセット。
画像左側に早速♀が潜った際の削りカスが出ています。


800㏄だと細いので少し浮いた状態ですが、ミニケースに入りました。
ただ…空間的な心配はあまりないのですが、
内部の湿度が上がりすぎないか少し心配です。


pagetop ↑

次々に羽化

2014.02.20(Thu)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(6)Trackback(0)


気付けばレギウスが次々に羽化しています。


20140220_003409.jpg
オス


20140220_003428.jpg
メス


20140220_003359.jpg
アイス


早く桜の咲く時期にならないかな。
アイスおいしかったです。

pagetop ↑

男臭い

2014.01.26(Sun)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(4)Trackback(0)


レギウスの♂♀の数が知りたかったので、
♂か♀かわからないけど蛹室は見えていたボトルをほじってみました。


20140126_223808.jpg
希望通りの♀でした。


昨年の秋以降、どの種も♂余りで羽化してきています。
希望は、「♂:♀=1:2」なのですが、なかなか思い通りにはなりません。


昨日、ヤフオクの終了日でした。
今回もうれしいこと、驚いたことがありました。
ありがとうございました。


そのうち♂単セールになりそうです。

pagetop ↑

またまた羽化シーン、次は

2013.11.21(Thu)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(0)Trackback(0)


最近、これがとても多いですが、


20131120_234350.jpg
また羽化シーンです。


その翌日、


20131120_234431.jpg
無事羽化完了です。
レギウスの♂でした。


本当にきれいな色してます。
(1枚目は締め切った状態で蛍光灯の下で、
 2枚目は日ざしを入れて蛍光灯なしの状態で撮影しました)


pagetop ↑

代償

2013.09.28(Sat)

『レギウス(カメルーン産)』 Comment(2)Trackback(0)


温度管理はほとんどのクワガタにとっていいように
最大公約数的な調整をしています。


ただ、たまにピンポイントで合わせたい温度があるときは、
他のクワガタにとって合わない、または変化のタイミングが良くなかった、という状態になります。


今回はレギウスの多くが該当してしまいました。


20130928_093354.jpg
かわいいサイズで羽化してしまったレギウス♂。


ちょうどレギウスの割り出しのピークを過ぎた6月下旬頃、
カワラ菌糸ボトルに入ったレギウスの幼虫がたくさん並んでいました。


でも他のクワガタのために調整した温度変化のタイミングが悪かったようで、
9割近いボトルの菌糸が急激に傷むことに。


交換しようにもストックしているボトルは、
次に割り出した幼虫用と、さらにその次用の真新しい菌糸。


カワラ菌糸はいつも使用前に1ヶ月以上は寝かしてから使うので、
結局傷んだボトルのうち数本をすぐと傷まなかったものをその後通常通り交換。


その他傷んだものは放置、
結果♂♀関係なく1本返し、小型羽化でした。


残念ですが、1割くらいとその後に割り出した分は問題ないですし、
親サイズはそんなに小さくもないので、次世代で挽回します。


小型軍団・・・並べたらおもしろそうです。



pagetop ↑

▼ プロフィール

you

Author:you

▼ 検索フォーム
▼ カテゴリ
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ FC2ブログランキング
▼ FC2カウンター
▼ メールフォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 you all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.