差異

2014.01.01(Wed)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(6)Trackback(0)


ヤフオクに出品しているアキソプシスコクワにお問い合わせを頂き、
画像を使いたかったのですが、出品後の画像変更ができませんでした。


お問い合わせは「プセウダキス(アキソプシスに似ている種)のような・・・」ということでしたので、
同腹兄弟で特徴の違う♂と並べてみました。


20140101_062626.jpg
左が参考個体、右が出品個体です。


はっきり異なるのは内歯位置(顎の中央前後にある突起部分)です。
左は顎の中央よりやや付け根側、右側は先端側となっています。


過去の世代でもそうだったのですが、
結構特徴が違うおもしろい種です。

スポンサーサイト

pagetop ↑

惹きつける何か

2013.12.11(Wed)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(2)Trackback(0)


アキソプシスコクワが順調に羽化しています。


20131211_010855.jpg
♂で3㎝前後、♀で2㎝前後の小さいクワガタです。


今回は何よりも順調なのが♂♀のバランスです。
今のところ7頭羽化してきて3♂4♀。


親世代は♂だらけでペア確保がわずかだったので、
これは本当にうれしいです。


実はアキソプシスコクワはウッディと同じくらい
お問い合わせ頂くことが多いクワガタなんです。


さらに実物見た方のハマリ率も高いクワガタです。


もちろん好みはあると思いますが、
小さいのに本当に魅力的なクワガタだと思います。

pagetop ↑

長男

2013.11.22(Fri)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(10)Trackback(0)


アキソプシスコクワが1♂1♀羽化してきました。


20131122_224103.jpg
この世代最初の羽化となった♂です。


親世代は♂♀のバランスが悪く、最後♂だらけになりましたが、
今回は♀が前回ほど少なくはなさそうなので少し安心はしています。


先日、オークションで出品していた伊豆大島産ノコギリですが、
1000円で落札して頂きました。
ですので、予定通りご入金頂いた1000円と自分で同額1000円の計2000円を
「日本赤十字社の伊豆大島等台風26号災害東京都義援金」として振り込みました。


20131122_225915.jpg

pagetop ↑

ひさしぶり

2013.09.15(Sun)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(0)Trackback(0)


またヤフオクに出品しています。
今回はヨーロッパミヤマペアも出しています。
(「くわがたるーむ」で検索できます。)


前回も落札して頂いた方、入札して頂いた方、ご覧になっていただいた方、
最後までありがとうございました。




久しぶりにアキソプシスコクワの幼虫の様子を見てみました。
みんな順調そうに成長していました。


20130915_221811.jpg
アキソプシスコクワ♂


成虫はとても小さく、♂で30ミリ前後、♀は20ミリくらいです。
それでも内歯の上向き具合と色味がとてもきれいなクワガタです。


親世代は♀が極端に少なかったので、
今回はバランスよく、または♀が多くなってほしいです。

pagetop ↑

目を凝らして

2013.07.12(Fri)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(2)Trackback(0)


アキソプシスコクワを割り出しました。


DSC_0436.jpg
22頭と卵が4個でした。(うち16頭です)


♀は20ミリにも満たない小ささなので
幼虫・卵も本当に小さく見つけるのが大変です。
卵は直径1ミリほどしかありません。


いつも取り残し幼虫が出てくるので今回も全て産卵用ケースに戻して
しばらくはそのまま保管です。


1ペアしか残していなかったので、失敗しないで良かったです。
でも1ペアしかいない緊張感、結構好きです。

pagetop ↑

初めて知りました。

2013.06.30(Sun)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(0)Trackback(0)


6月初旬にアキソプシスコクワの産卵セットを組んでいました。


DSC_0282.jpg
種親♂です。
ぼんやりですがお隣さんも見えています。


成虫の食が細いので半分にカットした16gのゼリーを2個入れたまま、
全くチェックもせずに月末になってしまいました。


見てみると、

DSC_0239.jpg
小さい卵とその下に幼虫が見えます。


今まで材にばかり産んでいましたが、マット産みもするようです。
調べてみるとどちらにも産むみたいでした…
こんなものかなと飼育していたので「何だかラッキー」みたいな…
知らないって怖いなと反省です。


マットは“ただ”入れているだけで固めてもなかったのですが、
セットの底を見ると結構いました。


結果オーライです…

pagetop ↑

予定通り

2013.06.05(Wed)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(4)Trackback(0)


アキソプシスコクワを♂♀同居させています。


DSC_1072.jpg
確認できました。


産卵セットも準備済なのでまもなく♀のみ
セットに入ってもらいます。


DSC_1076.jpg
簡単セットです。


アキソプシスコクワは♂で30ミリ前後、♀だと20ミリないので、
ゼリーを入れていても食べているのかどうかがわかりにくいです。
そのため羽化から半年くらいを目安に同居させています。


卵・幼虫もとても小さいのでしばらくは産卵セットはぞのままにしておく予定です。

pagetop ↑

imbalance

2013.03.22(Fri)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(0)Trackback(0)
アキソプシスコクワの最後の♂が3月14日に羽化していたので取り出しました。


DSC_0922.jpg
サイズは兄弟最大で33.5ミリでした。


ただ…残念なことに後半に立て続けに♀2頭の蛹がダメになってしまいました。
結果、11♂3♀…そのうち2ペアはすでにここにはいませんので、最終的に9♂1♀…
タランドゥス以上に♂♀の比率が悪いです。



DSC_0950.jpg
ケースに入れたら、反射している自分の姿に向かって何度も突進していました。

pagetop ↑

次のお楽しみ

2013.01.06(Sun)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(2)Trackback(0)
羽化していると思って蛹室の一部を壊してしまっていた
アキソプシスコクワの♂が羽化しました。

DSC_0497.jpg
5日に羽化したばかりでまだ色が薄い状態です。


DSC_0445.jpg
こちらは先に羽化している32.5ミリの♂です。
それでも今のところ兄弟で最大です。

このくらい小さいと1ミリ違うだけで大きさが随分違うように見えます。


今回羽化した♂は目測で32ミリ以上はあると思いますが、
顎が長く、幅もあるので少し期待しています。

体が固まってからですが、計測するのが楽しみです。



pagetop ↑

アキソプシスコクワの散歩

2012.12.23(Sun)

『アキソプシスコクワ(ベトナム・ダラット産)』 Comment(2)Trackback(0)
DSC_0286.jpg
あまりに元気なので少し散歩です。

ところが、3頭ともあっちこっち動いて収拾がつかなくなりそうなのですぐに解散です。

DSC_0287.jpg
ガブリ、ではなく踏んづけてそのまま通り過ぎて行きました。


動きは日本のコクワガタと似ています。

♂でも30ミリ前後と小さく色もキレイなのでシャレたクワガタだと思います。
♀もようやく2頭羽化しました。


pagetop ↑

▼ プロフィール

you

Author:you

▼ 検索フォーム
▼ カテゴリ
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ FC2ブログランキング
▼ FC2カウンター
▼ メールフォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 you all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.