ムニスゼッチ同居

2014.09.08(Mon)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(0)Trackback(0)


久々のブリードもの。
ムニスゼッチを同居させました。


ムニスゼッチは成熟が早いですが、
今回は♂が羽化から2ヶ月、♀は3ヶ月です。


20140907_211158.jpg
十分成熟させたので、スムーズに交尾。
同居させて2~3分でした。


このまま1週間ほど同居させ、♀の様子を見ながら、
産卵セットを組もうと思います。


スポンサーサイト

pagetop ↑

迷わず累代を続ける種

2014.07.03(Thu)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(0)Trackback(0)


今年最初のムニシェフの♂の羽化です。


20140703_002807.jpg
久しぶりに♂を見ましたが、やっぱりかっこいいです。


秋のブリードの楽しみが増えました。





pagetop ↑

予定通り

2013.12.15(Sun)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(0)Trackback(0)


ムニシェフの産卵セットを整理しました。


一度割り出した時に10個ほどの卵と孵化したての幼虫1頭だけ取り出していました。


その時、割り出し中に材からポロポロ落ちていった卵は、
材カスと混じって探すのが大変そうなのでそのまま放置。


そして今日整理すると卵で取り出していた方から9頭と、
そのままにしていた産卵セットから7頭。
計16頭でした。


20131215_212356.jpg
そのうちプリンカップに入れた8頭です。

pagetop ↑

眺めるだけ。ほおばるだけ。

2013.10.17(Thu)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(2)Trackback(0)


ムニシェフ2頭目の産卵セットを組んでいます。


20131017_214804.jpg
早速、産卵材をほじり始めていました。


この後、複数の産卵痕(掘って卵産みつけて削った材をまた詰めて)を確認。


頂きもののチーズタルトをほおばりながら眺めていました。
ごちそうさまでした。


夜は冷えるようになってきました。
そろそろ越冬組の整理をはじめようかな、と思います。

pagetop ↑

続・卵

2013.10.01(Tue)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(2)Trackback(0)


キヨタミに続いてムニスもチェックです。


20131001_001911.jpg
わかりにくいですが画像中央部分に卵が見えます。


こちらも問題ありませんでした。


とはいえ、♀ばかりたくさんいるので、
今日、2頭目の♀が唯一の♂と同居となりました。


次も材1本のセットかな。

pagetop ↑

一方、ムニシェフは?

2013.09.23(Mon)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(0)Trackback(0)


フォルスターキヨタミよりひと足先にセットしていたムニシェフ。


20130922_222057.jpg
絶好調のようです。
終わった後にのぞいてみるときちんと埋め戻した痕がありました。


♀がたくさんいるのでもう1♀はセットしようと思います。

pagetop ↑

仲睦まじく

2013.09.19(Thu)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(2)Trackback(0)


ムニシェフ同居中です。


20130919_011507.jpg
とても仲良さそう、よかったです。


産卵材はこれを使います。


20130919_012417.jpg
柔らかめのナラ材。
小ケースに材1本のセットです。


材は自分で手に取って選んでいます。


柔らかめの材を使う種が多いので、しっかり詰まっていながら軽く、
さらに表面に爪を押し込んでサクーッと少し入りこむくらいのものです。
表面産みの種類も多いので、芯はほとんど気にしません。
VN材の場合は選ぶ基準が少し違ったりもします。


どちらも産卵を確認できると、産んだそのことももちろんですが、
選んだ材に、という点がうれしいです。


まれに失敗しますが、失敗しても全くめげません。
中には寿命の長くない種もいるのでめげてる余裕もありません…
“trial and error” と“PDCAサイクル”の継続です。

pagetop ↑

バランスは重要

2013.09.08(Sun)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(4)Trackback(0)


ムニシェフの♂が羽化していました。


20130908_211052.jpg
すぐにでもブリードできる状態です。


今回大苦戦した種です。
♂少なすぎでした・・・
残り2頭(おそらく1♂1♀)を残して今まで1♂他全部♀です。
♀は二桁超えています・・・


近日中にペアリング・セットしようと思います。

pagetop ↑

困りました。

2013.05.12(Sun)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(2)Trackback(0)


最近羽化しているクワガタのうち、
このクワガタたちに困っています。


DSC_0720.jpg
ムニスゼッチ(ムニシェフ)の♀です。


♀ばかり5~6頭羽化しているのですが、
♂はまだ蛹にもなっていません。


中の様子の見えていないボトルのどれかに
小型の♂がいてくれれば良いのですが。


今度掘ってみようと思います。
フォルスター・キヨタミも同じような状況です。


フォルスター原名亜種はまだ幼虫ですが、
逆に♂のみになってしまいました…


フタマタは去年産ませすぎて管理が甘くなり、
交換時期や温度変化のタイミングを完全に外しました・・・


ムニスとキヨタミは小型の♂がいなければ、
遅い羽化組でペアになるのをブリードします。


メルキオリティスは大丈夫そうですが…

pagetop ↑

it’s been ages

2013.02.26(Tue)

『ムニスゼッチ(インド・メガラヤ産)』 Comment(0)Trackback(0)
DSC_0686.jpg
中の様子のわからなかったムニスゼッチの幼虫が顔を出していました。


元気そうでなによりです。

pagetop ↑

▼ プロフィール

you

Author:you

▼ 検索フォーム
▼ カテゴリ
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ FC2ブログランキング
▼ FC2カウンター
▼ メールフォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 you all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.